校歌

埼玉県立川越南高等学校校歌

              作詞 宮原和夫
              作曲 土肥 泰

1 白雲(しらくも)のたなびく彼方
    秩父嶺は永遠(とわ)にかわらず
  青春の若さたぎらせ
       われらここに
  真理(まこと)への道をもとめて
    ともに励まん

2 果てしなき緑の大地
    武蔵野はめぐみゆたかに
  育ちゆく心は寛(ひろ)
       われらここに
  くろがねの身体(からだ)もとめて
    ともに努めん

3 学舎(まなびや)のかたきいしずえ
    川越の歴史に映えて
  担いゆく使命はおもく
       われらここに
  未来への理想もとめて
    ともに生きなん


旋律試聴  川越南校歌.mp3 (1,410KB)    川越南校歌.mid  (8KB)
※ファイルを保存してからお聴き下さい。
 

校章

  

校章の由来
川越の「川」と開校当時の地名藤倉の「藤」をとり入れました。
川は流れて止まず、末は大河となり、知・徳を集積して、生徒の将来への発展を願い、上り藤は愛と気品をあらわしています。
古い伝統のある町川越に新しい、そして美しい花を咲かせたいとの意味が込められています。
川越農業高校(当時)の大河原愛子先生がデザインされたものです。